姉活ママ活
プロモーションが含まれます

姉活とは?姉活に向いている男性の特徴やメリット、料金相場まで徹底解説!

ママ活はすでに知っている方も多いと思いますが、姉活という言葉を聞いたことがある方は少ないのではないでしょうか。

姉活とは、ママ活よりも若い年齢の女性が弟のような存在の男性を見つけて、金銭を払ってデートなどを行う活動のこと。

そこで、本記事では姉活をするメリットや料金相場など徹底解説します。

ぜひチェックしてください!

  • 姉活をする男女の特徴
  • 姉活をするメリット・デメリット
  • 姉活の料金相場

姉活とは?

年上の女性に弟のように、金銭の援助やちょっとしたものを買ってもらうのが姉活。

  • 姉活のの目的と年齢層
  • 姉活を始めるきっかけ
  • 予算が少なくてもできる

20代半ば〜30代前半の女性には、年下の男性が対象のことが多いとされています。

最近では40代や50代もあるとされていますが、基本は若い年齢層。

年上の女性に援助されると男性だけが嬉しいわけではありません。

お姉さん的になる女性も癒され、満足するのが姉活の特徴です。

一緒に食事をする代わりに奢ってもらう、ショッピングで何か買ってくれるなどさまざま。

ギブアンドテイクな関係が姉活になります。

姉活の目的と年齢層

 

姉活の目的と年齢層、具体的にどんな関係性になるのでしょうか。

目的トーク・LINE・顔合わせ・デート
肉体関係基本的にはなし
男性の年齢10代後半〜20代半ば
女性の年齢20代半ば〜30代前半
1日のデートの相場1万円〜2万円

年上の女性にお姉さん感覚で奢ってもらったり、プレゼントのように何かを買ってもらう。

そんなに高くなく、基本的には男女の関係になりにくい。

1ヶ月の契約もできますが、相場をは後ほど紹介します。

女性の年齢層もまさにお姉さんほど離れていません。

トークも電話だけでなく、LINEでやり取りなどさまざま。

男性側が金銭を使うことはないのが特徴です。

10代後半〜20代半ばの男性が、お小遣いをもらう感覚でできちゃいますね。

姉活を始めるきっかけ

 

10代後半〜20代半ばの男性に共通しているのが、ちょっとしたお小遣いが欲しいこと。

中にはバイトを始めるか悩んでいる男性もいます。

姉活を始めるきっかけはバイト感覚で始めることが多いです。

お姉さんにちょっとお金あるかな、あれ買って欲しいとおねだりするのと同じ。

しかも女性側も仕方なしではありません。

一緒に食事をしたりすることは、負担にならないことだから。

他に仕事をしている、または学生であってもバイト感覚で姉活を始めることはありますね。

たった1分。
素人女子と相互オナニーが楽しめるサービス

JDやOL、看護師までその数なんと驚異の11万人!

いまなら最大3000円分のポイントがプレゼント。無料で4回は素人女子と相互オナニーできちゃいます

素人娘と相互オナニーを試す >

姉活は予算が少なくてもできる

 

女性側にとっても、同じ時間を共有できる弟がいたら嬉しいはず。

ちょっとしたトークやLINE、顔合わせやデートも金額は高くありません。

予算が少なくてもできるのが姉活だからです。

女性は弟がいれば何かを買ってあげる余裕はあります。

それと同じくらいの負担なので、予算が少なくても問題はありません。

お小遣い程度なら自分磨きにも使える程度なので、負担は少ないのが姉活。

場合によっては、奢ってあげる程度なので無理をしなくても大丈夫なのが姉活です。

姉活をする対象男性の特徴

何もしていないから姉活でなんとかしてもらう、それは難しいこと。

  • ある程度の教養のある男性
  • 聞き上手な男性が多い
  • 将来に夢がある男性

女性も男性に魅力を感じるからこそ、食事やデートをします。

ろくに話もできず話も盛り上がらない、夢も希望もない男性が姉活をすることは難しい

どんな状況であっても構わず姉活ができるわけではありません。

女性も相手を選ぶので、だらしなくしている男性を相手にすることは少ないです。

男性も単に暇を持て余しているから、姉活をしようとしても厳しいのが現状。

そこでどんな女性が姉活の対象男性になるか、3つの特徴を紹介します。

ある程度教養がある男性

 

学歴は必ず有名大学生でないとダメ、社会人でも高学歴必須ではありません。

ただし必要なことはある程度の教養があること。

マナーすらきちんとしていない男性が姉活をするのは難しい。

トークや顔合わせ、デートで話が続かなかったらそこで終わりになってしまいます。

LINEは得意だけど…でも姉活をするのは厳しいことに繋がるからです。

マナーは必要なので、ある程度の教養がある男性の姉活がいいことに繋がります。

ある程度教養がありマナーを守れデリカシーがあることが大切です。

聞き上手な男性が多い

 

女性の話し相手になることが多いため、姉活は聞き上手になることも肝心。

話し上手で自分からリードすることもいいですが、それだけではダメなことも。

女性は話を聞いてもらいたい、話が弾む男性を求めています。

リードしつつ、相槌をうちきちんと目を見て話すと好まれやすいです。

その上で女性が1番伝えたいことを察知し、共感することが姉活では大事。

話し上手で聞き上手は会う回数も増えて、奢ってもらったり買ってもらう機会が増えます。

聞き上手な男性が多いことも姉活の特徴です。


将来に夢がある男性

 

目的もなく、ただ話をするだけでは長く姉活はできません。

どんな小さなことでも構わないので、将来に夢や目的がある男性が多いのも特徴。

そのため、女性には夢の実現をさせたい旨を伝えるのがベスト。

金額的に多くなくても、少しずつ奢ってもらったり買ってもらう回数も増えるはず。

夢や目的がないと、魅力を掴むことが難しくなって離れていくケースもあります。

大きな夢でなくても、姉活をするためには将来に夢がある男性が多い。

夢や目的を話すことで、応援したくなるのが女性です。

どちらかというとイケメンが好き

好みの問題なので、必ずしも必要なことではないこともあります。

どちらかというとお金を払うならイケメンが好きなのが女性。

女性に合うタイプであれば必須ではありません。

あくまで「どちらかというと」なので、目的が一緒なら好みのタイプに偏ります。

自分がいくら「イケてる」と思っても、女性が「あまり…」と思えば話は別。

可愛い弟のような存在を求めているので、姉活にイケメンが好まれやすい

どういった男性がイケメンと判断するかは女性次第になります。

たった1分。
素人女子と相互オナニーが楽しめるサービス

JDやOL、看護師までその数なんと驚異の11万人!

いまなら最大3000円分のポイントがプレゼント。無料で4回は素人女子と相互オナニーできちゃいます

素人娘と相互オナニーを試す >

姉活をする女性の特徴

20代半ば〜30代前半の女性が全て対象になるわけではありません。

男子が姉活をするにあたって、どんな女性が多いのでしょうか。

  • 寂しがりやで年下を好む
  • 男性との関わりが少ない
  • 面倒見がいい

金銭に余裕があるマダム的な存在ではないのが特徴。

あくまで女性から見て心をくすぐる男性がメイン。

だからといって恋愛が目的ではありません。

こんな弟なら奢っちゃおう、買ってあげたいと思う男性が目的

男性が納得のいく女性には、姉活をする女性の特徴があります。

寂しがりやでなおかつ年下男性を好む

 

特別資金が多いわけではないのが姉活をしたい女性。

しかも暇を持て余している女性でもありません。

男性と意気投合するのは話し上手で聞き上手、それに当てはまるのは寂しがりや。

どこかでポツンと寂しいとき、相手になって欲しい男性を求めやすいです。

なおかつ年下男子を好むのも特徴。

例えば20代半ばの女性は自分より年下男性に奢りやすいです。

街でデートをしていても違和感がないこともあり好まれます。

男性との関わりが少なく弟を求める

 

20代半ば〜30代前半の女性は、出会いを探す機会が少ないとされています。

まさに男性にとっては姉活の対象。

女性にしても可愛い弟の存在は嬉しいこと。

男性との関わりは会社だけ、または女性だけの環境のことも少なくありません。

寂しく弟がいればどんなだろう、と思う女性もいます。

実際にいたとしても姉弟はケンカの対象なので、可愛がることを知らないことも。

男性と繋がりが少なく、弟のような存在が必要な女性は姉活に抵抗がなく求めやすいです。

面倒見がいい女性が多い

 

女性が男性に奢ったり、ちょっとしたショッピングを楽しむのが姉活。

金銭的に余裕がなくてもできるのは、優しい女性がいるから。

つまり面倒見がいい女性が多い証拠です。

男性もついお姉さん的な存在に甘えたがってしまうはず。

母性本能をくすぐられてしまうことも多々あります。

思わず「奢ってもらおうか」と思うときが、姉活ができるとき。

男性はそんな面倒見のいい女性に求めやすいですよね。

仕事など何かと忙しい

女性は暇だから男性の姉活の対象になるわけではありません。

その反対に仕事が忙しく、何かとストレスを溜め込んでいる女性が多い

だからこそ男性の姉活で弟のような男性とデートなどをします。

ストレス発散のためにも、仕事が忙しい女性の多くが男性に話し相手になって欲しいから。

普段は敬語で話す職場ではなく、気軽に話せる場面を求めます。

男性にとっては姉活はバイト感覚、女性にしてみれば弟を求めストレス発散

上手い関係ができているのが姉活です。


たった1分。
素人女子と相互オナニーが楽しめるサービス

JDやOL、看護師までその数なんと驚異の11万人!

いまなら最大3000円分のポイントがプレゼント。無料で4回は素人女子と相互オナニーできちゃいます

素人娘と相互オナニーを試す >

姉活をするメリット

では男性にとって姉活はどんなメリットがあるのでしょうか。

  • お金や服などもらえる
  • 時間を有効活用できる
  • ドライな関係が持てる

ここまで来るとバイト感覚であり、得をしているのは男性側であることは確か。

女性側にもメリットがあるため、お互いにとって困ることはありません。

奢ってもらう、ショッピングで好きなものを買えるなら困らないはず。

時間さえ合えば問題なく姉活ができるチャンスですよね。

10万円以上もするなら姉活とは言えないものの、少額なら甘えられます。

甘えられる範囲でできる3つのことをご紹介。

お金や服などもらえる

 

奢ってもらうことで食事代の節約になります。

話を聞くだけでも感謝の印としてお金をもらうこともあるのが特徴。

ショッピングで、普段買えないものを買ってもらうこともできます。

センスがいい女性なら、ショッピングで思わぬ掘り出し物があるかもしれません。

普段は食べることがない食事を奢ってもらうこともあります。

自分では買うことができない商品の購入も可能です。

お姉さん的な立場の女性なので、甘えられるところは甘えちゃいましょう。

時間を有効活用できる

 

10代後半〜20代半ばの男性も暇な時間はあるはず。

持て余してしまうのは勿体無いので、姉活できるチャンス。

もちろん女性と会うのはタイミングが大事なので、時間調整さえすれば問題ありません。

暇だな…と感じたら時間を有効活用できるのにピッタリです。

あくまで女性とタイミングが合えばですが、問題ないなら会えます。

事前にこの日のこの時間は…と約束をするとより効果的

そうすることで、男性にとって大きなメリットになりますね。

年上の女性とドライな関係が持てる

 

年上の女性なので付き纏うのは、恋愛感情です。

ところが姉活は姉弟の関係になるので面倒なことになりにくい。

束縛もないため、気疲れすることもありません。

年上の女性とドライな関係が持てるので、その点安心できます。

面倒な関係が嫌だと感じているなら、なおさら姉活がしやすく男女間のトラブルなしです。

女性経験がない男性にとって、付き合うわけではないので好都合。

1ヶ月契約をすることもできるため、助かることは多々ありますね。

姉活をするデメリット

メリットだけで姉活はしやすい!だけではありません。

  • 多額な金はもらえない
  • 恋愛関係になりにくい
  • 大人の関係に発展しにくい

20代半ば〜30代前半の女性が相手なので、お姉さん的存在が相手。

いくつかの問題もありつつ、気にならない程度のこともあるのが特徴。

本当の姉弟ではないからこそ、願っていてもできないことも。

メリットがある限り、反対もあるのは仕方ありません。

そこで姉活の3つのデメリットを紹介します。

男女であるかぎり、そこは守らないといけないこともあるので確認してみましょう。

多額なお金はもらえない

 

お小遣い程度、バイト感覚なのが姉活。

奢ってもらうのも、ショッピングも10万円単位の話ではありません。

あくまで1万円〜2万円の範囲。

月契約をしても極端に多くのお金をもらうことができないのが姉活。

多額なお金をもらうために、姉活をしようと考えてしまうとできません。

たまに「この部屋使っていいから」というケースもありますが、珍しいこと。

金額的にはあくまで少額であり、多額のお金はもらえません。

割り切っているので恋愛関係になりにくい

 

お姉さんと恋愛関係になれれば…と思うこともあるかもしれません。

あくまでドライな関係なので、割り切っていることは確かですよね。

恋愛に発展しないことが全くないことはありませんが、あくまで姉活。

そこは線引きをして、ドライな関係を維持しないと女性から離れていくこともあります。

恋愛関係になれば一石二鳥、なことはまずないのもデメリット。

姉活したいなら、恋愛感情はどこかに置いて微妙な距離をおくことが無難だからです。

大人の関係(セックス)に発展しにくい

 

男性であるかぎり欲があり、つい大人の関係に発展したいと思うかもしれません。

つまりセックスがしたい、という思いです。

食事やショッピングに行くとしても、ホテルに行くことは珍しくほとんどないのも姉活。

姉弟の関係なので、大人の関係に発展しにくいのがデメリット。

初めからそのつもりはない、というのが姉活をする上で大事なこと。

ちょっとだけなら…と思う感情があっても、そこはグッと堪えておきましょう。

姉活の料金相場

ここで、それぞれの姉活の料金相場になります。

トーク・LINE・顔合わせ2,000円〜3,000円
食事3,500円〜6,000円
1日デート1万円〜2万円
1ヶ月の契約設定3万円〜7万円

トークやLINEをしたり、顔合わせ、食事程度なら2,000円〜6,000円。

1日デートだとしてもおおよその金額は1万円〜2万円。

1ヶ月の契約設定をしても10万円以内が料金相場です。

それ以上を要求しては姉活ではありません。

あくまでお姉さんに要求するのと同じ、お小遣い程度にと考えておくと便利。

そこが姉活のポイントです。

相場なので前後することもあることを覚えておくといいでしょう。

姉活をしてくれる女性を見つけよう!

出会いがないから姉活をしたい、お小遣いが欲しいなど理由はさまざま。

多額ではなく大人の関係でもない姉活をすることで、女性と話す機会も増えます。

男性にとってはお姉さん探し、女性からしたら可愛い弟探しの始まり。

自分でリアルに探しても問題はありません。

出会い系で探しても同じこと。

出会い方次第で姉活で女性を見つけてみましょう!

500円でJ○のセフレが作れる?!AV女優が暴露したセフレ作りの裏テク
実は若い子ほど、彼氏とのセックスに不満な欲求不満な女性が多いんです。だから経験豊富な年上男性とのセックスを求めてるんです。


アダルトマッチングサービスは、AV女優の紗倉まながテレビで「AV女優も男探しに使ってる」と暴露し話題に。

女性は友達にヤリマンだなんて思われたくない。だから、こっそりネットでセフレを探しています。

匿名のワクワクメール【18禁】
セックスが目的。余計なデートは必要なしと手軽にセックスできちゃう。



39歳の俺は4,000円課金して2人のセフレをGET。1人目こそ3,000円位かかりました。慣れれば、1人500円近い値段。風俗と比べて圧倒的にコスパが良いです

1,000円でセフレが作れた


ママ活
life

コメント

本当に出会えるアプリ!

\今すぐやりたい女を確認する/掲示板を確認する(R18)
タイトルとURLをコピーしました